リンカーズ情報を再編集して CCK発注情報としてを案内いたします

         CCK発注情 

     ●お問い合わせはコラボレーション事業まで

    詳細はRedの見出しをクリック ID パスワードが必要です問い合わせください

■□■□_________________________________■□■□

□■□ _______________________■□■□

    1.04 CCK発注情報  
    明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

■□■□ _______________________■□■□

◆CCK01313「 鋼板の黒皮研削に関する自動化技術」 〆切1月31日 
研削処理の自動化技術を持つパートナーを。【環境条件】・対象製品:鋼板 ・鋼板のサイズ:2m×5m程度・ 設備の設置場所 :屋内環境  ・ 現状の作業イメージ :ワゴン型のグラインダーによって手作業で研削・ グラインダーの番手 :40番程度の粗い目を使用中
【技術条件】・ 自走式ロボット技術を持つ ・ 鋼板表面を自由に移動し、指定した位置まで自走・ 人の手で持ち運び可能(据え置きはNG)・ 自動研削技術を持つ ・ 指定した位置で自動的に研削する技術・ ベルト方式を希望だが、ベルト方式よりも耐久性が確保できれば他の方式でも構わない・ 鋼板の黒皮の研削が可能 ・ 100mm×100mm程度のサイズの研削が可能 ・ 100μm程度の深さの研削が可能

◆CCK01314「鋳物をマシニングセンタ加工できるパートナー」 〆切1月31日
【ワークイメージ】サイズ:最大20〜30cm角程度  重量:3〜50kg 1製品数量:最小20〜30個/月、最大500〜600個/月 加工精度:ミクロンレベル  幾何公差:真円度2μm、円筒度3μm【必要な加工機械・検査装置】マシニングセンタ :主軸30番40番(50番は大きいため除く) ホーニング加工機:加工孔の仕上げをしていただくこともあります 内面研削盤:当該装置が必要なワークもあります 検査装置:3次元測定器、真円度測定器、面粗度測定器

◆CCK01315「分離膜の製造委託先」 〆切1月31日
? 【分離膜について】・大きさ:φ12mmx250mm、20本/月の委託? 【原料について】・ゾルゲル法試薬A,B,C(Bは第4類危険物第2石油類) ・エタノール、アセトン
? 【製造工程について】<ステップ1:種結晶合成スキーム>・ AG付SUS製容器で試薬A、Cを用いて水熱合成(反応温度:130℃、圧力:270kPaG)・遠心分離(4000rpm)の後、乾燥(80℃)・粉砕する・電気炉で焼成(500℃)すると数kgの種結晶となる
<ステップ2:成膜スキーム>・ステップ1の種結晶を用意した支持体に種付けし、試薬A、B、Cを用いて水熱合成(反応温度:95℃、圧力:大気圧)・煮沸・温風乾燥(80℃)した後、電気炉にて焼成する? 【パートナーに求める条件】 以下の設備を保有していること ・反応釜(反応温度:130℃)・遠心分離機(回転数:4000rpm) ・焼成炉(タイプ:電気炉、使用温度:500℃、昇温速度0.5℃/min)・粉砕機(200nm程度まで解砕) ・支持体濾過用の真空ポンプ(真空度 -20kPag〜-100kPag)

 

◆CCK01316「住宅断熱性能を計測する技術または装置」 〆切1月31日
【測定対象】・既設住宅全体または各部屋、マンション、アパート、戸建
【技術条件】・ 断熱性能を測定する技術または装置、 熱流計など(計測手法は問わない)、 シミュレーションモデルは除外・簡易測定が可能(住宅を覆うような規模ではないもの、かつ計測が1週間未満のもの) 理想:測定開始から24時間以内許容範囲:測定開始から3日以内 ・以下の測定が可能、断熱性(Q値、K値、UA値)、気密性(C値)

 

◆CCK01317「Python(プログラム言語)を用いた空調操作の機械学習パートナー」 〆切1月31日
<目的>・ 空調操作履歴データを用いて機械学習(深層学習)を行い、操作の予測を行う
<技術条件>・プログラム言語はPythonを用いる ・データはCSVファイルで20Mbyte程度・解析モデルとしてはランダムフォレスト、全結合型ニューラルネットワーク、 LSTMなどを試したい<パートナの条件>・ランダムフォレスト、全結合型ニューラルネットワーク、LSTMなどを用いた解析の経験が必要・機械学習の基本をご理解いただいていること ・具体的に依頼したいオペレーションは以下のとおり? データクレンジング(ご相談のうえで作業範囲を決めていただく)? 汎用の機械学習ライブラリを用いた解析(Python)
? 解析結果はそのまま当社にご提供いただければ問題無い

 

◆CCK02081「スティックのりの処方開発パートナー」  〆切2月8日
【開発の方向性】・例えば以下のような性能を付与させたいと考えている ? 粘着性の向上 ? 糊を塗布する時の、のり本体の崩れにくさ ? 塗布後、糊の色が消えるスピードの調整
【求めるパートナー像(企業様)】 ・処方開発を行っている受託研究型企業様 ・素材の製造をしている(任意)・試作対応が可能である(任意)

 

>◆CCK02082「異種材料接合技術を様々な用途でご利用いただけるパートナ」 〆切2月8日
<既存技術との比較>大気圧気相プロセスによる、金属-ナイロン系樹脂の接合技術は、以下のメリットがある? 接合強度:既存技術と同等 ? 基材表面処理:大気中の生産ライン上で大物部品の必要か所のみピンポイント高速処理が可能 ? グリーンプロセス:表面処理にケミカル処理を用いないため、工程から廃液や有害ガスが生じない? 接着処理:溶着に成形圧力不要、熱溶融させたナイロン系樹脂と接触させるだけで接合する ? 熱応力緩和:自然に界面近傍に柔軟な非晶質層が形成されるため、緩和層用の別材料の挟み込みは必要なく単一樹脂材料で接合が可能<接合の組み合わせ例>・ 基本的にAu、Ptなどの不活性金属以外の固体材料とナイロン系樹脂の熱溶着に応用できる固体に表面メッキが施されている場合もこれにダメージを与えずに溶着できる 例@:金属類,ガラス等の無機固体材料やプラスチック材料固体表面とナイロン系樹脂の熱溶着接合 例A:熱可塑性CFRPにおける炭素繊維表面とナイロン系のマトリクス樹脂(含浸性, 繊維接着性改善により、機械特性が向上)

◆CCK02083「枚葉塗工を委託できるパートナー」 〆切2月8日
不織布に有機無機複合の非水系溶液を枚葉塗工、 これまでに連続塗工装置を用いて50〜60cm幅での塗工に成功しているが、自社では大型装置を保有しておらず、塗工後に処理するまでの時間短縮、ならびに湿度・温度の調節が課題となっている。
【技術条件】<塗工方法>・指定なし(スクリーン印刷は除外)<塗工液>・無機微粒子を含む有機無機複合の非水系<基材> ・不織布 (1.8m×1.9m角の形状をイメージいただきたい) ・厚み:200μm厚程度 ・塗工幅:1.8m・塗液厚み:200〜300μm(希望精度±20μm)※塗工液・基材共に当社より支給する。 
<処理条件> ・塗液が不織布内部まで含浸するよう均一に塗工 ・塗工後の膜は水洗処理する 【環境条件】・調温・調湿環境下が望ましい ・塗工後の水洗処理のため、水槽設置面積+作業場面積スペースが必要

 

◆CCK02151「車載ECU向け組み込みソフト開発パートナ」 〆切2月15日
【パートナの技術条件】<必須条件> ・顧客実績:OEMへの納入実績があること(OEM開発監査認証済み)・開発実績:安全部品、若しくは、準安全部品(ナビ等は対象外)の開発実績があること<任意条件> ・対応範囲:ドライバ〜アプリケーションまで一括した開発が可能 ・ 認証等:Automotive Spice Level3 相当、ISO26262対応可
【除外技術】・民生/PCのソフトウェア開発実績のみのパートナ ・ナビゲーション向けソフトウェア等、
求められる機能安全性が低いソフトウェア開発

 

◆CCK021523「次元曲面形状への印刷技術」 〆切2月15日
3次元印刷装置技術 ・3次元曲面上への印刷ができる工法(装置)をお持ちのこと ・Pad印刷、インクジェット、水転写、フィルム転写、シルクスクリーンなど、印刷の方式は問わない ・既存のヘッドと、制御方法の技術をインテグレートして3次元印刷が可能な装置としてもかまわない(インクジェットを想定した場合)
3次元印刷の要素技術 ・3次元印刷に応用可能な要素技術(ヘッド技術、転写技術、パッド材料技術、制御技術、インク技術など)・インク技術をお持ちの場合、印刷対象の材質を踏まえて、目的とする性能を実現可能なインク(塗料)を開発できること?3次元印刷の概要 ・対象材料:アルミダイキャスト(塗装後に印刷) ・ 印刷範囲:ホイールリム部(図を参照下さい)将来は、カウルやガソリンタンクなどの曲面にも印刷を行いたい ・印刷解像度:480dpi程度・印刷膜厚:目標とする色彩が得られれば膜厚にはこだわらない ・目標サイクルタイム:ホイール1個あたり54秒・目標印刷コスト:ホイール1個あたり100円

 以上

□■□ _______________________■□■□

    件名 12.17 CCK発注情報

■□■□ _______________________■□■□

◆CCK12286「 酵素による高効率なオリゴ糖合成技術」 〆切12月28日
果汁飲料中の糖(ショ糖、ブドウ糖、果糖)を酵素反応により効率良く合成する技術を探索したい。【飲料製品について】・ 製品カテゴリー:果汁飲料他 ・ Brix:10〜60程度(濃縮果汁も含む)・ pH:酸性〜中性領域【技術条件】 ・ 40℃以下・1時間以内に、糖(ショ糖、ブドウ糖、果糖)の50%がオリゴ糖(三糖以上)になること
・ 糖以外の成分に影響を及ぼさないもの ・ 味・色・pH等に影響の無いもの(オリゴ糖増加による甘味変化は許容)・ 食品添加物法上、問題の無い酵素・手法であること  ・ 最終的な加熱処理により、酵素が失活すること

 

◆CCK01101「油中水分計のサプライヤーまたは開発パートナ」 〆切1月10日
【環境条件】・ 対象油:潤滑油、作動油、防錆油、絶縁油(グリースとリン酸エステル除く)・ 耐溶剤: エタノール、へプタン  【技術条件】・ 油中水分計の仕様 ? センサ素子(静電容量式):センサ素子はイメージ図のセンサヘッド先端に装着 ? センサ素子サイズ:6.0×8.0mm 程度が望ましい ? 電極ピン幅:2.54mm ? 検出回路:センサ素子静電容量を電気信号4mA〜20mA(0〜100%RH)に変換 ? 出力精度:±3%RH(0℃〜80℃) ? センサ素子のベース容量:20〜200pF、ΔC=20pF程度が望ましい

 

◆CCK01111「アルミニウム製DC部品のバリ取りまたは表面処理の自動化技術」〆切1月11日
・現在のバリ取りの方法は工具を用いた手作業であり、これを自動化するため、以下のようなバリ取パートナーを探したい。【環境条件】・ 対象製品:船外機用DC部品(アルミニウム製)、重量5kg〜8kg  ・ 設備の設置場所:屋内環境【技術条件】・ バリ取り・仕上げ(ヒートチェック取り・しわ取り・表面仕上げ)の自動化技術を持つ(ロボットを含む)? 多軸ロボットを用いた機械的処理や、バレル研磨、ショットブラスト、電解研磨など あらゆる手段を想定・ 上記工程を一貫した自動搬送ライン技術を持つ、ラインをインテグレートして目標とする加工ができるように

 

◆CCK01112「屋外柱上設置用の電子制御機器・通信機器を開発・製造」〆切1月11日
電源通信箱を低コストで製品化するため、共同研究開発から量産(数台/年 から 数百台/年まで)対応いただけるパートナー。また、試作段階では,これまでの共同開発の成果(通信モデム、通信用電源、駆動用基板等)を使用して製造いただきたい。(注1)電源通信箱:配電自動化システムを構成する遠制開閉器、自動電圧調整器 及び 制御子局の各機器間を接続し、これらで使用する電源 及び 信号の生成・変換・伝達を行う。

 

◆CCK01113「高温高圧合成による多孔性材料を受託製造」 〆切1月11日
高温高圧合成による多孔性材料を受託製造いただけるパートナーを。【反応に必要な原料】・ 酸性溶液 ・ 粉体・ イオン交換水   【弊社で考えている工程】 ・ 上記原料を用いて加熱・加圧反応を行い、反応後に得られた溶液を納品いただく。 ・ 未反応物を精製して回収できることが望ましい。 【パートナーに求める条件】 ・ 以下の条件で合成反応が可能なチタン製反応釜を保有していること(pH1程度の強酸性に耐えられるのであれば、チタンでなくても構わない。)※条件:温度230℃前後まで加温、圧力:230℃にて3MPaの圧力に耐えられること、反応処理時間:数時間程度、反応後の溶液のpH:1程度 ・ 釜のサイズは100〜1,000L程度の容量を有すること

 

◆CCK01181「重力鋳造における注湯フィルター技術、酸化物・巻き込みエアを除去技術」 〆切1月18日
現在はフィルター購入費低減のため、使用済みフィルターからアルミを化学薬品処理で剥離して再利用しているが、より環境負荷を少なく安定的に調達するために、新規フィルター、フィルターリサイクル手法、または、フィルターに代わる代替手法を幅広く探している。【環境条件】・ 対象製品:アルミ重力鋳造部品(数十センチ程度のサイズ)・ 対象金型:定置式重力鋳造、1個取り【技術条件】・ 注湯時の整流、酸化物除去を実現し、且つ低コストを達成する ・ フィルターに求める技術条件 ? 目標コスト:1製品あたり200円から400円(新品・再利用は不問)? フィルターを再利用する場合、低コストで環境負荷の低いアルミ剥離技術が必要(化学処理は除外) ・ 代替工法に求める技術条件 ? 可能な限りフィルターを使用しない   ? 溶解、出湯、配湯、保持、注湯、注湯後の金型内で酸化物あるいは巻き込みエアを除去、低減できる技術、工法

 

◆CCK01182「アルミ材ホットスタンプ部品を様々な用途でご利用いただけるパートナー」  〆切1月18日
弊社は、協業先と連携し、アルミダイカストや冷間プレス品の置き換えとなる、特許化されたアルミ材ホットスタンプ技術を開発している。 ダイカスト品、冷間プレス品と比較して以下のメリットがある。<対 ダイカスト品>・ 熱伝導性が高い ・ 耐腐食性能に優れている ・ 機械加工や仕上げ加工が不要 ・ 溶接が可能/容易 <対 冷間プレス品>・ 工程数大幅削減(5〜10工程→1工程) ・ 加工性が良い(スプリングバックが少ない、深絞り可能など)

 

◆CCK01311「DCパワーライン向けLCフィルタの設計・試作・ノイズ評価が可能なパートナー」 〆切1月31日
当社はコンデンサやコイルなどを開発・製造・販売しているが、 LCフィルタを自社製品として開発したいと考えている。そのため以下のような技術を持つパートナーを探している。以下@、A、Bのいずれか @ 車載・家電・産業機器等各種インバータ回路 A モータ等の誘導性負荷回路(パワステ、ウォータポンプ、オイルポンプ、ドローン等)
B 車載充電器等の車載電装機器、車載制御ユニット、各種スイッチング電源
【パートナーに求める条件】<必須条件>・ 少量規模での試作・生産が可能であること
<任意条件>・ ノイズ評価技術者を有し、CISPR等の各種ノイズ規格に対応できること  ・ 一般向け家電、産業メーカーおよび車載電装メーカー等への取引実績がある  ・ パワーエレクトロニクス関連で過去に業務委託やコンサルタント業務を
行った実績がある  ・ 大学等の研究機関への技術ルートを有している

◆CCK01312「Web情報取得サーバの開発パートナ」   〆切1月31日
ユーザーからの要求に合わせて、機械学習で判断したValueを体感できるような情報元をWebより取得し(各WebのAPIをコールして取得)、ユーザーへ返信できる機能とサーバの設計、及び組込みが可能な企業を探している。◆パートナに求める条件 ? ホットペッパーやgoogle Map等から、APIをコールして情報取得するアプリや機能開発をした経験があること? AWSやIBM Cloud、GCPのどれか1つ以上を使用した経験があること  ? データベース設計、Cloudサーバへの実装経験があること? 機械学習を使用したアルゴリズムを開発したことがあること ? 開発委託契約、もしくは共同開発契約で対応できること

 

◆CCK02061「建築設計業務の効率化を図るための専門家・コンサル」  〆切2月6日
設計技術者の不足や働き方改革に対応するため、建築設計業務の効率化を検討している。そのため、 AI・デジタルの活用を検討して創造的設計・デザインへの注力に向けられるようにしたい。弊社の建築設計業務を理解頂いた上で、その各業務のうち、AI・デジタル化による省人化・省力のため、適性の見極めや、優先順位及び連携すべきAI・デジタル企業等に関するご提案を頂ける専門家・コンサル等、特に以下の4項目が重点1.初期設計案からコスト算出(概算)までの自動化(建築) 2.各種法令規制にもとづくボリュームスタディ(建物規模案)作成(建築)3.コスト算出時の比較検証用参考構造数量の自動提示(構造) 4.設備システム比較・選定の自動化(設備)

以上

■□■□ _______________________■□■□

◆CCK01102「三相モータ一体型インバータ設計」 〆切1月10日

駆動対象となる モータの詳細・モータの種類:回転センサ 付き三相モータ ・出力:15-20kW ・電圧:最大500V・回転数領域:15−0Hrpm・用途:圧縮機などの自動車向けコンポーネント◇上記の三相モータを駆動可能なインバータのハードウェア設計およびソフトウェア開発・ハードウェア:基盤、個体の設計

CCK01102 三相モータ駆動用インバータの設計・製造【依頼企業の概要】 国内大手自動車部品メーカ【応募者にとっての機会】 受託開発 【概要】 国内大手自動車部品メーカが、開発中の三相モータを駆動するインバータの開発パートナーを求めています。
【技術を求める背景・目的】 依頼主は車載向けのコンポーネントを開発しているが、開発中製品 (三相モータ+メカ部)を駆動するインバータの開発メーカを求めている。インバータは、搭載性の観点から、依頼主が開発する製品と一体化した 構造の実現が必須となる。 【求める技術】 駆動対象となるモータの詳細 ・モータの種類:回転センサ付き三相モータ ・出力:15-20kW ・電圧:最大500V ・回転数領域:-150krpm
・用途:圧縮機などの自動車向けコンポーネント 求めるインバータ設計技術の詳細 ◇上記の三相モータを駆動可能なインバータのハードウェア設計およびソフトウェア開発  ・ハードウェア:基盤、筐体の設計
・ソフトウェア:駆動用ソフトウェアの開発 提案を期待する組織 ◇必須要件: ・15-20kWクラスのインバータやコンバータの回路設計が可能であること
◇歓迎条件:
・インバータのハードウェア・ソフトウェアの性能評価・信頼性評価、また、EMCの評価・対策、が可能であることが望ましい ・日本または欧州の自動車メーカの規格を満足した開発実績があることが望ましい
・量産まで対応可能であることが望ましいが、設計・試作のみ対応な組織からの提案も歓迎する 【技術の目標水準】 15‐20kWクラスのインバータやコンバータの回路設計が可能であること
【開発スケジュール】 2020年3月までに試作インバータを納入 【予算】 別途ご相談 募集期限 2019年1月10日 返答期限 2019年2月28日

■□■□ _______________________■□■□

    12.03 CCK発注情報

■□■□ _______________________■□■□

◆CCK12141「 真空機器クリーンガス循環用遠心式ターボブロワに関する開発 」 〆切12月14日
真空機器チャンバー内部のクリーン度の維持と、遠心式ターボブロワによる高速クリーンガス循環の両立を図りたい。【使用環境条件】・真空機器チャンバー:低真空 〜数kPa程度 ・He雰囲気(クリーンガス) ・He雰囲気中の最大温度:約〜100℃程度 ・ブロワ:遠心式ターボ型 風量1000 m3/h〜4000 m3/h
【技術条件】※下記のいずれか。 ・遠心式ターボ型ブロワによる高速クリーンガス循環の技術確立 ・クリーンなHeガスを汚さないもしくは汚しにくい方式 ・もしくは汚れを速やかに除去できる方式・ブロワの設計上の制約から、可動部(回転体)についてはオイルでの潤滑を実施したい ・ ブロワのベアリングの潤滑性を確保するためにオイル潤滑を使いたい

 

◆CCK12521「FA・一般産業用サーボモータのカスタム設計パートナー 」  〆切12月25日
低回転で高トルク、高回転で低トルクの機械仕様にあった定出力のモータを開発したいと考えている。
【環境条件】・ 温度 −5〜55℃(使用温度:0〜40℃(モータ)、0〜50℃(ドライバ)) ・ 工場内で使用 
【技術条件】・ 想定サイズ:300〜400mm(W)×300〜400mm(D)×500mm(H)以下  ・トルク:1〜2300N・m低回転で高トルク  60rpm:2300N・m  高回転で低トルク 750rpm:110 N・m   ・回転数:1〜1000rpm・電圧/電流:三相AC200V/未定 可能な限り小電流を希望。ただし、絶対条件ではない ・1モータで 高速低トルク/低速高トルクの運転仕様にあった定出力の小型モータ ・低速高トルクで保持(30s)可能な事。また、モータには、保持ブレーキを内臓可能な事  ・運転時 100ms、異常停止時 50ms以下で 停止可能


◆CCK12252「エラストマー系材料の乳化・溶剤留去・酸変性委託 」  〆切12月25日
【原料】・ポリマー:非危険物:当社より支給予定 ・有機溶剤:危険物(第4類 第1石油類):当社より支給予定。・モノマー:危険物(第4類 第3石油類):貴社での購入希望  【工程】・第1工程:乳化  ・第2工程:減圧蒸留 ・第3工程:変性反応 ※第1工程+第2工程若しくは、第3工程のみの対応でも可。 ※金属などの導電性素材のコンタミは避けたい。
【パートナーに求める条件(企業様)】 ・乳化槽:10m3以上の容量(グラスライニングされていなくてもよい)。 一般的な攪拌機能があること(例:3枚後退翼、4枚パドル翼等) ・乳化機:当社より貸与予定(1mx1m程度)・エバポレーター:30mmHg、60~90℃程度の条件で使用できることが望ましい。目標の生成物と余剰の水、有機溶媒を分離する


◆CCK12253「アクリレート系ラテックスの乳化重合・噴霧乾燥委託 」  〆切12月25日
【原料】・モノマー:危険物(第4類第1,2,3石油類):貴社での購入希望  【工程】・第1工程:乳化重合 ・第2工程:噴霧乾燥  ※金属などのコンタミは避けたい。 ※第1工程、第2工程のみでも可。【パートナーに求める条件(企業様)】・反応槽:10m3以上の容量。80℃程度まで加温が可能であること。攪拌機能があること(例:3枚後退翼、4枚パドル翼等)。チラーが付いていること。 ・噴霧乾燥機:水分蒸発量100kg/h以上。  ・検査体制 :GCによる定量分析が可能であること。

 

◆CCK12254「CO制御システムを搭載した発電機の評価試験委託 」  〆切12月25日
【発電機について】・出力:<15kW  ・サイズ:740mmx736mmx801mm(最大)【テストルームに求めること】・テストルーム容積:36.24〜54.37[?] ・高さ2.44〜3.66m  ・奥行と幅の差 20%以内・空気交換率:0-1[ach] ・室温:15-30℃ ・可能であれば、PGMA G-300-stanndard2018に規定されているCO分析器を有している 【動作チェック項目】・以下条件で発電機が停止するか評価をしたい。? 空間内のCO濃度が基準値を超えた時(テストルーム内でCO濃度が800[ppm]または10分間の移動平均が400[ppm]を超える場合)

 

◆CCK12255「小型設備によるCO2処理技術を持つパートナー 」  〆切12月25日
・以下のような条件において、CO2処理設備または技術(固定化・無害化)を保有するパートナーを探索したい。【CO2処理設備】 ・大気環境 ・設備規模:2m×0.5m×1m程度 ・ CO2処理量:50Nm3/day・ ガス温度:100℃程度(運転時はさらに高温だが、この温度程度で処理できると理想) ・ ガス圧:大気圧・ 処理するガス組成、 CO2 : 15 vol%、N2 : 60vol%、 O2 : 5 vol%、 H2O : 20 vol%。

 

◆CCK12256「EV駆動用モータ/インバータの試作パートナ 」  〆切12月25日
◆試作品仕様例 @ 超高速モータ ・ 形式:永久磁石同期モータ(IPM) ・ 最高回転数:32,000rpm ・ 最大トルク:75Nm ・ 電圧:400V ・ 潤滑:強制オイル潤滑  ・ 冷却:水冷  ・ モータ位相検出:レゾルバまたはエンコーダ A インバータ  ・ 最大電流:400Arms ・ 入力電圧:DC400±50V ・ 制御方式:ベクトル制御 ・ 外部I/F:CAN通信×1ch以上、デジタル入出力×16ch以上、アナログ入出力×16ch以上。

 

◆CCK12257「比色用の色見本(カラーチャート)を色差再現性良く印刷できるパートナー 」  〆切12月25日
弊社は、プラントエンジニアリングを行っております。以下のような条件で比色用の色見本(カラーチャート)のパートナーを。【パートナーに求める条件】許容色差はΔE 1.0以下を望んでおりますが、技術的にどの程度が限界か回答頂きたい。 実際にサンプルを作成して頂ける際には厚紙耐水紙は支給いたします。また、開発の進捗によっては色彩が変更になる場合があります。 印刷内容:5mm 角程度の色見本パッチ(パッチ数は全て色が異なる、20 個程度) 印刷用紙サイズ:名刺サイズ(75mm×100mm) 用紙・メーカー型式:厚紙耐水紙(200〜300μm)、ダイオーポスタルケミカル株式会社 レーザーピーチ WEFY-270 もしくは WETY-210 測色機メーカー:x-rite社 Model RM200QC 再現性色差できればΔE 1.0以下が望ましい

 

◆CCK12271「燃料電池スタックの評価試験委託 」  〆切12月27日
【燃料電池スタックについて】 ・出力:20-30kW ・電流:150-300A ・評価温度:60-80℃(冷却水循環)※電圧、水素供給能力、空気供給能力、ガス露点、サイズなど詳細については、面談時などNDA締結以降に開示させていただきたい。【評価試験項目】・電流−電圧特性 ・水素利用率試験 ・空気利用率試験 ・ガス露点依存性試験 ・負荷変動試験 ・起動停止試験  ほか

 

◆CCK12281「オイル用圧力センサ部におけるオイル流動の可視化(検出)技術 」  〆切12月28日
オイル用圧力センサの検出素子部に課題をもつ。課題解決に向けて圧力検出素子部のオイルの流動を可視化(検出)したいが、特にキャビテーションができていない。そのため、以下のようなダイアフラムの高速可動によって生じるキャビテーションを可視化(検出)できる技術をもつパートナを探索したい。【環境条件】・オイル ・センサの状況 ? センサは当社より提供 ? ダイアフラムのサイズ:直径約400μm程度? センサの素子(ダイアフラム部)は剥き出し状態 ? ダイアフラムは測定条件に応じて模擬的に大きいサイズに変更可能
(ただしキャビテーションが生じないと意味がないためサイズ感はパートナと要相談) ? 測定しやすいようにセンサを追加加工することは当社にて対応可能(要相談)【技術条件】・1μ秒レベルの短時間でダイアフラムが高速可動した際のオイルのキャビテーションの発生有無を可視化(検出)できる技術・センサ実物でなくても、ダイアフラムが高速可動した際のオイルにキャビテーションが発生することを模擬できる技術を・流体への衝撃におけるダイアフラムの高速可動を模擬できること(疎密波が発生できれば類似でも可能)  ※数値シミュレーションは対象外

 

◆CCK12282「缶・PETボトル入りコーヒー飲料に最適な乳素材と乳素材の熱変性防止技術 」  〆切12月28日
・ 技術条件1:熱処理に対して安定な『乳素材』・加熱殺菌条件を下げることができる『乳素材』 ? 熱安定な”乳風味”素材・”乳代替”素材(全く別の素材で牛乳味を作る / 植物乳で牛乳味を作る など) ? 無菌乳(耐熱性菌を含まない牛乳 など / 乳中の菌を少なくする製造技術も含む)・ 技術条件2:乳素材の良好な香味やフレッシュ感を維持することができる『熱変性防止技術』  ? 乳素材のタンパク質・脂肪の熱変性防止技術? 乳素材の香気成分の熱変性防止技術※対象外の技術  ・ 超高圧処理(HPP)やパルス電場(PEF)など、殺菌方法の変更に関する提案は対象から除く・ 一般的な抗菌剤・保存料の提案は対象から除く ・ 一般的な香料(例えば、乳のフレッシュ感増加香料など)の提案は対象から除く


◆CCK12283「電子部品向け冷却液の配合設計および開発ができるパートナー 」  〆切12月28日
「高絶縁性」「低粘度」「高引火点」「高熱伝導率」「高熱容量」を満たす材料(冷媒)が見つかっていない。市販品では対応が難しいと考えており、開発ができるパートナーを探している。【環境条件】・ 熱交換器を用いた電子部品の冷却用として使用。【材料について】・ 漏洩時の安全性を担保するため、高絶縁性(<1.0μS/cm)を有しながら、粘度(≦2.5cP@25℃)、引火点(>110℃)かつ熱交換部品の小型化のための高熱伝導率(>0.2W/m/K)、熱容量(>2500J/kg/K)、密度(1200kg/m3)をすべて満たす材料がない。

 

◆CCK12184「小型の活性汚泥反応装置の開発パートナー 」  〆切12月28日

■処理したい対象廃液:N-メチルピロリドン(NMP)または、ガンマブチロラクトン(GBL)を含む水溶液(およそ8~10%)■反応装置に求める仕様   サイズ:1m2程度以下のサイズにおさえたい   構成:pH調節槽、活性汚泥槽、沈降槽 処理量:10t前後 / Dayを連続処理   排出先:最終的には下水や一般廃水として流したいと考えている。稼動:1年間コンスタントに稼働することが想定している。

 

◆CCK12185「濾布面を自動で更新できる器機の開発 」   〆切12月28日
弊社では溶解した液状樹脂の濾過工程において、目詰まりを防ぐために、一定時間ごとに濾布を動かしてしている。現在は作業を人力で行っているが、これを機械に置き換えたいと考えている。濾布について:ロール状に巻かれたナイロン生地◆■装置に求める機能 ・ 濾布をろ過する樹脂組成物をためつつ、適度に左右に動かす機能  ・ 濾布を繰り出し&巻き取る機能・ 濾布を左右に動かすタイミングや巻き取るタイミングを制御できる機能(速度のマニュアル調整でOK)・ 粘度の高い (蜂蜜より粘度が高い)樹脂が付着しても稼動すること  ・ 樹脂の温度(40℃〜60℃程度)に耐えられること・ 樹脂を垂らす部分も自動化できると尚良い(任意)。

 

◆CCK01111「サーミスタセンサの取り付け(センサー一体型配管)設計パートナー 」  〆切1月11日
配管とセンサーが一体となるように、配管に直接サーミスタを取り付けることで、上記課題を解決したいと考えている。・以下の条件を満たす、サーミスタの取り付け方法の設計・開発力を持つメーカを探したい。【環境条件】 ・ 対象:樹脂配管や樹脂筐体  ・ 測定対象流体:水(40〜80℃)、オイル(100〜120℃)、空気(〜160℃) 【技術条件】 ・ 配管や筐体にサーミスタを直接取り付けつつ、正確な流体温度を測定する・ 取り付け対象配管の技術条件  ? 直径:φ20〜60mm ? 肉厚:最低2〜2.5mm ? 素材:ガラス繊維入りの樹脂配管 ・ センサーの技術条件  ? 特になし(ターゲットの温度が測定できれば標準品で構わない)・ 取り付け方法(現時点での想定)  ? センサーと配管は、かしめや溶着、インサート成型で固定・配管、センサー一体型の難しい点  ? 流体とセンサーの間に熱伝導率の低い樹脂が介されるため、応答性が悪い。 そのため、補正プログラムが必要となる  ? 補正プログラムは、配管の形状や設置環境等によってそれぞれ異なる可能性がある(数値シミュレーションで対応する必要があるかもしれない)  ? 振動が加わる可能性があるため、振動でセンサーが折れないような設計が必要。

 

◆CCK01112 「特定成分の皮膚に対する有効性を評価いただける共同研究パートナー 」 〆切1月11日
ヒト生体内にも存在するアミノ酸の類縁化合物であり、機能性アミノ酸類として、皮膚に対する有用性をあらゆる角度から検証したい。◆対象成分:アミノ酸由来 ※評価の際には、単一成分の水溶液での評価を想定しているが、評価方法についても併せてご相談したい。◆試験内容:・皮膚浸透性試験、皮膚の保湿性 ・弾力性、皮膚のバリア機能、その他、皮膚への有用性の探索、検証         ※ヒト、マウス、ウサギなどin vivoでの評価を想定しているが、試験内容についてもご相談したい。 ◆パートナー機関様に求めること:化粧品関連など特定成分の肌への影響性評価試験及びメカニズム解析などの実績があるとありがたい。

  以上

■□■□ _______________________■□■□

■□■□ ________ ___________________________■□■□
 ◆◇◆------------------------------------------------------◆◇◆
    ■発行  キャリア・コンサルタント協同組合
    ■住所  〒101-0052 
      東京都千代田区神田小川町1-8-3 小川町北ビル8階
    【編集】大野長壽 【事務局】平松靖弘

  問合せ先:営業本部副長竹内、副長神力、HP大野
       お問合せ
  ◆◇◆------------------------------------------------------◆◇◆